埼玉県川口市 オハナ歯科・矯正歯科 | 矯正歯科

歯並びをキレイにしたい

矯正歯科とは

歯並びが不揃いだったり、上下のアゴがズレていることなどによって、上下の歯が緊密に噛み合っていない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科は、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態に再構築し、審美的にも患者様が満足できる歯列や口元にすることを目的としています。

【矯正歯科の目的】
  • 機能しやすい噛み合わせを作る(機能性の改善)
  • きれいな歯並びと緊張のない口元を得る(審美的改善)
  • 虫歯や歯槽膿漏を予防する(衛生状態の保全)

また、矯正歯科のメリットとして、自分の歯を削って被せものの歯で見た目を良くすのではなく、自分の歯できれいな歯並びを獲得することできることです。専用の矯正装置を用いて、生体に負担をかけないように弱い力を歯やアゴの骨にかけてゆっくりと動かし、歯ならびを治療していきます。

現在では、見た目が目立たないセラミックの矯正装置や舌側矯正(裏側の矯正装置)に加え、症例にもよりますが、取り外しができるマウスピースタイプの矯正装置も開発され、装着後の見た目が気になるという理由で矯正歯科に踏み切れなかった方にも抵抗感なくできるようになりました。

上顎前突

【治療内容】

20代の女性です。
口元の突出と下の前歯のガタガタを気にして来院されました。
下の歯のガタガタ(叢生)の部分においては歯ブラシがうまく当たらないために歯石の沈着、歯肉の腫れも認められました。
上下左右の第一小臼歯を4本抜歯してスペースを作り、下の歯のガタガタと上の歯が出ているのを後方にっ下げていきました。
治療後には見た目の歯並びだけでなく、前歯でもよく噛めるかみ合わせになり機能も回復しました。
口元の突出感もよくなりました。
矯正装置(マルチブラケット)を使用していた期間は1年6ヶ月でした。

  • 上顎
  • 下顎
  • 上顎
  • 下顎

ページのトップへ

右上の八重歯と下の両側の6歳臼歯の欠損

【治療内容】

20代の女性です。
右上の八重歯と左右の下の第一大臼歯がないのが主訴でした。
長い期間、歯がなかったので後ろの歯が前方に倒れてしまっていました。
上の左右の第一小臼歯を2本抜歯してスペースを作り、八重歯を治し前歯全体も少し引っ込めました。
下の倒れている歯を起こして前方に移動させて並べました。
治療後には見た目の歯並びだけでなく、前歯でもよく噛めるかみ合わせになり機能も回復しました。
舌側矯正装置(リンガルブラケット)を使用していた期間は2年6ヶ月でした。

  • 上顎
  • 下顎
 欠損部位
  • 上顎
  • 下顎

ページのトップへ

上の前歯が重なっている症例

【治療内容】

10代の男性です。
上の前歯が重なって生えている、下の前歯がガタガタしているのが主訴でした。
上の左右の側切歯(裏側に生えている歯)を2本抜歯して上の犬歯を形態修正をして側切歯の代わりにし、下の左右第一小臼歯を抜歯し、スペースを作り前歯のガタガタを治しました。
治療後には見た目の歯並びだけでなく、前歯でもよく噛めるかみ合わせになり機能も回復しました。
矯正装置(マルチブラケット)を使用していた期間は2年6ヶ月でした。

  • 上顎
  • 下顎
  • 上顎
  • 下顎

ページのトップへ

上顎の拡大を伴う不正咬合の治療

【治療内容】

初診時10歳の女性です。上あごが異常に狭く、咀嚼も発音もしづらい状況でした。
まず、Ⅰ期治療で顎の拡大をしました。
年齢的にも拡大をするにはギリギリの年齢でしたので必要であれば上顎骨の拡大手術をする可能性もありました。
幸いにもⅠ期治療で十分に上あごの拡大しましたので、そのまま、Ⅱ期治療に移行し歯列弓を左右対称に再構築し緊密な咬合を確立しました。
治療後には見た目の歯並びだけでなく、よく噛めるかみ合わせになり発音機能も回復しました。
Ⅰ期治療は約1年かかりました。
Ⅱ期治療は矯正装置(マルチブラケット)を使用していた期間は2年でした。

  • 上顎
  • 下顎

●Ⅰ期 拡大装置装着時

  • 上顎

●Ⅱ期 治療開始時

  • 上顎
  • 下顎
  • 上顎
  • 下顎

歯肉整形、審美治療についてはこちら→

ページのトップへ