埼玉県川口市 オハナ歯科 | 矯正

歯並びをキレイにしたい

歯列矯正とは

歯並びが不揃いだったり、上下のアゴがズレていることなどによって、上下の歯が緊密に噛み合っていない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
歯列矯正は、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態に再構築し、審美的にも患者様が満足できる歯列や口元にすることを目的としています。

【歯列矯正の目的】
  • 機能しやすい噛み合わせを作る(機能性の改善)
  • きれいな歯並びと緊張のない口元を得る(審美的改善)
  • 虫歯や歯槽膿漏を予防する(衛生状態の保全)

また、歯列矯正のメリットとして、自分の歯を削って被せものの歯で見た目を良くすのではなく、自分の歯できれいな歯並びを獲得することできることです。専用の矯正装置を用いて、生体に負担をかけないように弱い力を歯やアゴの骨にかけてゆっくりと動かし、歯ならびを治療していきます。

現在では、見た目が目立たないセラミックの矯正装置や舌側矯正(裏側の矯正装置)に加え、症例にもよりますが、取り外しができるマウスピースタイプの矯正装置も開発され、装着後の見た目が気になるという理由で歯列矯正に踏み切れなかった方にも抵抗感なくできるようになりました。

前歯が噛んでいない(開咬症)

【開咬症の治療法】

手術を併用する矯正治療:後戻りが少ないといわれている。しかし、手術の侵襲がある。
矯正用インプラントアンカーを使用する:手術の侵襲は少ないが(インプラントの埋入)、後戻りもあるといわれている。

tooth
【治療後】
外科手術を併用して治療しました。

ページのトップへ

上の歯が出ている

【治療後】
上顎左右第一小臼歯を2本抜いて治療
出ていた口元が引っ込んで良い顔貌が得られた

ページのトップへ